知る・楽しむ

Mutenkaコラム

【テーマ:美容】
冬から春へ、肌のごわつきが気になりませんか?
~季節の変わり目のスキンケアについて~

厳しい冬から春へと季節の変わり目に体の肌がごわつきがちになることがあります。今回はこの季節のボディのごわつきやザラつき対策のスキンケアについて角質ケアの方法を中心にご紹介します。


冬は肌の代謝が落ち、ターンオーバーのリズムも乱れがちです。また寒さや乾燥から肌を守るために角質が厚くなりがちです。春になって暖かくなっても、たまった角質がそのまま肌に残っているので、それがごわつきになったり、角質がランダムに落ちることでザラつきにもつながることがあるようです。


冬から春にかけてのボディケアは、オイルなどで保湿をするだけで肌のごわつきやザラつきが改善すればいいのですが、それでもダメな場合はスクラブなどによる角質ケアもよいでしょう。たまった角質を取り除くことでボディクリームなどの保湿効果が高まり、肌のキメも整いやすくなります。


角質ケアの重要なポイントは、季節の変わり目の肌はとくに敏感なので、極力肌に刺激を与えないことです。あくまでも古い角質だけを落として健康な角質を傷つけないことを心がけましょう。


スクラブを行う際には、まずは浴槽に浸かって十分に角質をふやかします。次に体をきれいに洗います。傷つきやすい肌を守るためにも洗浄剤は優しいものを使いましょう。クリーミーな泡立ちでお肌にうるおいを残しつつすっきり洗い上げる「無添加ボディソープ」や「無添加泡のボディソープ」がおすすめです。


そして、ひじ・ひざ・かかと・指の関節などとくに角質が厚くなっている部分にスクラブを行います。脚やヒップなどそのほかの箇所でザラつきが気になる場合には、粒子の細かいマイルドなスクラブ剤がよいでしょう。スクラブ剤は量を少し多めに取り、ゆっくりとなでるように円を描いてなじませるのがコツ。力を入れると肌を傷つけますので、指ではなく手のひらを使うとよりソフトに行えます。また、洗い流すときは刺激が少ないぬるま湯で行います。タオルドライもポンポンと優しく押さえるようにしましょう。


角質ケアのあとは、たっぷりとボディローションやボディクリームなどで保湿ケアをします。とくにひじ・ひざ・かかとなどはしっかり保湿しましょう。


角質ケアで肌のごわつきを解消して、すべすべの健やかな素肌で気持ちいい春を迎えたいですね。

  • カウブランド無添加Instagram
  • カウブランド無添加Twitter