知る・楽しむ

Mutenkaコラム

【テーマ:美容】
冬にTゾーンのテカリが気になりませんか?
~冬もしっかりスキンケアを行って健やかな肌に~

冬で空気は乾燥しているはずなのに、おでこから鼻にかけてのTゾーンに脂が浮いてテカってしまうときがあります。今回はそんな部分的なテカリを予防するためのスキンケア方法についてご紹介します。


冬は保湿力の高いスキンケア商品を使うことが多いことから、Tゾーンにテカリが出やすくなります。そして皮脂が気になって洗いすぎると、肌のバリア機能が落ち、水分の蒸発を防ごうと過剰な皮脂の分泌につながります。中はカラカラ、外はベタベタのいわゆるインナードライ(隠れ乾燥肌)状態となります。また冬でも紫外線対策を怠ると、肌を守ろうとしてごわつくようになり、水分が減少してインナードライになることがあるようです。


冬のテカリ予防のためには、洗顔時に該当部分を何度も洗ったり、強くこすらないようにします。また洗顔料は肌にやさしいものを使いましょう。肌に負担をかけずに泡で皮脂や汚れをやさしく落とせる「カウブランド 無添加泡の洗顔料」はおすすめです。


洗顔方法は、まず皮脂はお湯に溶けるのでまずぬるま湯で顔を濡らします。次に十分泡立てた洗顔料で、鼻やあご回りかららせんを描くように洗います。摩擦は肌を傷めますので、手が触れないように泡を転がす感じで行います。最後に頬に泡をさっと広げて軽く洗い、その後やさしく丁寧にすすぎます。


洗顔後は保湿ケアを徹底することが重要です。化粧水はたっぷりと、手でプレスするようにつけます。コットンよりも手の方が肌への摩擦は少ないようです。その後、乳液やクリームで蓋をします。べたつきを気にして乳液やクリームを使わないのは逆効果となります。水分と油分のバランスは、7:3のイメージがよいでしょう。クリームなどはTゾーンは少なめに塗りましょう。


そのほかの対策としては、冬でもUVケアを怠らないようにします。とくにおでこや鼻は紫外線を受けやすいので要注意です。UVカットが施されていないマスクをする場合やマスクの周囲には紫外線が当たりますので、UVケアを行っておくのが無難です。


また、あぶらとり紙を使いすぎると皮脂を取りすぎて皮脂分泌をより進めたり、摩擦によって乾燥を招きがちです。あぶらとり紙を使いたいときは、やさしく押さえる程度にしましょう。


冬もしっかりスキンケアを行って、Tゾーンがテカらない健やかな肌で快適に過ごしたいですね。

  • カウブランド無添加Instagram
  • カウブランド無添加Twitter