知る・楽しむ

Mutenkaコラム

【テーマ:美容】
春の髪、なんとなくツヤがないと感じませんか?
~正しいブラッシングで艶やかな髪をキープしましょう~

春になるとなんとなく髪のツヤがなく、くすんで見えることがありませんか。これにはいくつかの理由があります。そこで今回は、艶やかな髪をキープするためのブラッシング方法についてご紹介します。


春に髪のツヤがなく感じられるのは、冬の乾燥で傷んだ髪が修復しないうちに紫外線が強くなり、キューティクルが乱れることが原因として考えられます。傷んだ髪から水分が逃げるとさらに乾燥が進みます。これにより、乱れたキューティクルに光が乱反射し、ツヤがなくくすんだ髪色に見えることがあります。


そんな春の髪にツヤを与えるには、キューティクルを整えるブラッシングが必要になります。髪の根元から一気に無理にとくと、絡んで切れ毛や枝毛のもとになりますので、まず毛先の絡みからブラシでほどきます。その後、徐々に毛の根元に向かって、優しく丁寧にといていきます。


ブラシの選び方も注意したいポイントです。硬いブラシは髪や頭皮を傷める場合がありますので、柔らかめのものがおすすめです。動物の毛を使ったブラシは、柔らかめで静電気が起きにくく、毛が密集しているのでキューティクルを整えるのに適しています。


洗いやすいブラシを選ぶ場合は、ポリエステル製などなるべく静電気の起きにくいものを選びましょう。はじめに目の粗いブラシでもつれをほぐして、目の細かいブラシで仕上げるとスムーズです。


ブラッシングのタイミングとしては、シャンプー前に行うと髪や頭皮の汚れが浮いて落ちやすくなります。また洗髪後、髪を乾かした後にも行うとよいでしょう。これによってキューティクルが整いやすくなります。


ただし、髪が濡れた状態でブラッシングを行うとキューティクルが剥がれることがありますので、注意が必要です。寝る前のブラッシングは頭皮の血のめぐりが良くなり、睡眠中の髪の健やかな成長を促したり、寝ぐせもつきにくくなるようです。


シャンプーは汚れだけを落として髪のうるおいを残すタイプがおすすめです。トリートメントも髪に優しいものを使ってケアをしたいものです。ツヤのない髪にはトリートメントをつけたまま数分間おいてキューティクルに浸透させるとよいでしょう。


正しいケアで艶やかな髪をキープして、清々しい春の日にさっそうとお出かけしたいですね。

  • カウブランド無添加Instagram
  • カウブランド無添加Twitter