知る・楽しむ

Mutenkaコラム

【テーマ:美容】
海やプールが楽しい夏、髪のきしみが気になりませんか?
~夏のレジャーを満喫しながら、美しいヘアをキープする方法~

夏は紫外線が肌だけでなく、髪にとっても強敵だというのは知られていますが、敵はそれだけではないようです。今回は、夏のレジャーで傷みやすい髪を美しく保つための方法をご紹介します。


夏のレジャーで欠かせない海やプールですが、海水の塩分やプールの塩素は、髪を傷める大きな原因に。塩分は、髪から水分を奪って乾燥させるばかりか、弱アルカリ性の海水が髪のたんぱく質を溶かすといわれます。紫外線で傷んだキューティクルからたんぱく質や水分が流れ出し、ごわつきやきしみのにつながるようです。塩素も紫外線と相まってキューティクルを傷め、大切な髪のうるおいを逃がしてしまいます。


予防としては、塩分や塩素ができるだけ髪に触れないように、ヘアオイルを前もって塗ってから入るようにしたり、ヘア用の日焼け止めスプレーなどを使うのもおすすめです。髪をゴムなどでまとめることも大切なポイント。髪が絡まるのを防ぐことができ、濡れて摩擦を起こすことも少なくなります。


また、海やプールから出たあとはなるべく早く髪を洗いましょう。現地のシャワーでは、とりあえずシャンプーなしでいいので真水で流しておきます。そして、帰宅後にしっかり洗髪を行います。水でよく流してから、2度洗い。海水は弱アルカリ性なので、弱酸性のシャンプーがおすすめです。


トリートメントも夏のレジャー後のヘアケアのポイントです。紫外線や海水、塩素などでキューティクルが開いて傷んでいることが多いので、いつもより念入りに栄養を与えましょう。トリートメントをつけて数分間そのままにします。このとき蒸しタオルを使うと効果的です。


入浴後は素早くドライヤーで乾かすことも重要です。髪を濡れたままにしておくと、キューティクルが開いて傷みやすい状態に。ドライヤーで乾かすことでキューティクルが閉じて、うるおいを逃がさないように守ってくれます。このほかにも、海辺やプールサイドでは帽子をかぶったり、帰り道の車内でエアコンの風に当たりすぎないようにしましょう。


ウォーターレジャーを楽しみながら、さらさらでしっとりした美しい髪をキープして、気分よく夏を過ごしたいですね、